お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X

RESEARCH AND BRIEFINGS

ポリティカル・リスク・マップ 2021 中間期アップデート

 


二極化したパンデミックが急速なスピードの回復につながる

 

イントロダクション

南シナ海での軍事的緊張、チュニジアでの社会的不安の再燃、チリでの抗議活動、南米各地での港の閉鎖など、国や地域は、今、強い不満の波に直面しています。ワクチンの不均一な供与、コロナウイルスの新種の出現、政策の継続性を欠く政権の交代などにより、入念に準備された計画や予定が軒並み中止や延期を強いられた。   

世界経済は回復しつつあるものの、経済的、政治的状況は多くの国が国民のニーズや期待に応えることを難しくしています。マーシュ・スペシャルティのポリティカルリスク評価では、分析対象となった197 カ国のうち、過去 12 ヶ月間に経済リスクのスコアが悪化したのはわずか 9 カ国でした。しかし同時に、世界の約 60%の国で政府のソブリン債の信用力が悪化し、50%以上の国では、2020年半ばと比較して、封鎖措置が広く解除された今年は国内暴動のリスクが高くなっています。

世界的な貧富の差がワクチン接種率に影響を与えているため、パンデミックの状況も二極化していますが、それぞれのスピードで回復傾向にあります。しかしながら、ワクチンの不公平感は、さまざまな要因と絡み合って顕著な問題となっています。主な要因は、世界的な原材料の不足と、特に発展途上国における限りのある生産能力です。途上国では、特に、清潔な水などの基本的なサービスの提供に問題がある場合はワクチンを購入できる国が少ないため、資金調達も考慮しなければなりません。

4月に発表されたMarsh Specialty のPolitical Risk M ap 2021で指摘されているように、富裕国と貧困国の間の成長格差、典型的な「接種」と「未接種」の格差が拡大しています。この格差の拡大は、多くの国の経済見通しの悪化に社会的・政治的緊張を加えることになるでしょう。

「ポリティカルリスクマップ2021年版」は、マーシュ・スペ シャルティの「ワールド・リスク・レビュー」プラット フォームのデータに基づいており、このプラットフォームは、治安、貿易、投資に関する9つの指標にわたって、197カ国のリスク格付けを提供しています。

評価は毎⽉更新され、0.1〜10のスケールで範囲が設定され、10は最も⾼いリスクを表し、0.1は最も低いリスクを表している。

この「ワールド・リスク・レビュー」プラットフォームには、マーシュ・スペシャリティのお客様はアクセス可能になっていますので、詳細については、マーシュ・スペシャリティの担当者に問い合わせてください。

「ワールド・リスク・レビュー」プラットフォームで状況を追っている9つのリスクは以下のとおり

  • 契約不履⾏リスク
  • 各国の経済リスク
  • 為替交換不能と送⾦リスク
  • 収⽤リスク
  • 法制度および規制上のリスク
  • ソブリンリスク
  • ストライキ、暴動、および騒乱のリスク
  • テロリスク
  • 戦争と内戦のリスク

 

ポリティカルリスクマップ2021年:中間期アップデート(日本語訳)をご希望の場合は右上フォームよりお申し込みください。

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。